Return to site

2015年の振り返りと年末のご挨拶

本厄に翻弄され、人生を見つめなおし、新たな自分に出会えた一年。

2015年もいよいよ大詰めです
はやいもので、今年ももう、あと数日を残すのみとなりました。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
さて、2015年は間違いなく、自分が生きてきたなかでも象徴的な1年になりました。40年少々の人生ですが、老人になって自分のことを振り返った際も、この2015年のことは死ぬまで記憶に残る歳だったと確信しています。
その記憶は、必ずしもポジティブなものではなかったというのが、正直なところです。あまり気にしすぎるのも考えモノではありますが、やはりいにしえからの伝承というのは一定の説得力を持つもので、「本厄」という1年の運命の傍若無人ぶりに、自分の人生をドライブされてしまった一年でありました。素直にそして謙虚に、そう思います。
それでもなんとか、そうした宿命の連続に悩み翻弄されながらも、都度なんらかの選択をし(時には選択をしないことも選択なのかもしれません)、こうして来年をなんとか迎えられそうなのは、ひとえに自分を支えてくれる友人、知人、恩師、家族のおかげだと思います。心から感謝しています。
でも、願わくば来年は、いっそう光明多き一年になることを強く望みます(笑)。
なにやら「後厄」なる儀式がまだ続くようですが、デススターのコアに爆弾を投下し終わり、あとは爆破圏から離脱するフェーズ、そして、新たな銀河という大海原へ繰り出すきっかけとなる一年にしていければと思ってやみません。
未熟者な私ですが、2016年も引き続き、ご指導とご鞭撻を賜われましたら幸いです。
幅朝徳
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly